グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 村上記念病院について > 臨床研究について

臨床研究について



臨床研究について

当院では「医療の質の向上」と「健康の増進」に寄与し、今後の「医療の発展」と「病気に対する予防や治療方法の改善」に貢献する事を目的として、臨床試験に取り組んでいます。

倫理委員会とは

病院長、事務長、臨床工学科長、その他委員長が当該開催に必要と認めた者によって構成され、村上記念病院の職員が行う「臨床研究」及び「倫理的検討を要するもの」について「人権の擁護」「不利益事項の発生」「対象者から理解と同意を得る方法」「医学的貢献度」その他について、適正かつ適切に計画または実施されているかを審議し、承認、条件付き承認、差し戻し等の判定を行う委員会です。

オプトアウトとは

 通常、患者さんの情報や検体を用いて臨床研究を実施するには、対象となる患者さんに対して文書もしくは口頭での説明と同意が必要です。しかし研究のうち、対象となる患者さんや一般の方々への侵襲や介入がなく、診療記録等の情報のみを用いる研究や、余った検体のみを用いて行う研究については、国の指針により、対象の方お一人お一人から直接同意を得る代わりに、研究者は「研究の目的を含めた実施についての情報」を公開し、さらに当該患者さんに対して、ご自身のデータの利用を拒否する機会を設ける必要があります。

 このような手法を「オプトアウト」と言います。このページでは、当院におけるオプトアウトを用いた臨床研究を掲載致します。なお、当該研究への自身のデータや検体の利用を拒否される場合やその他ご不明な点がございましたら、それぞれの公開文書内に記載されております「問い合わせ先」までお知らせください。