グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 部門紹介 > 栄養科

栄養科


栄養科では、患者さんの治療の促進とQOLの向上を食事の面から支えることを目的に、管理栄養士、調理師が業務を行っています。

栄養管理

入院栄養管理

入院患者さんお一人お一人の栄養状態の評価を行い、栄養状態の改善、疾患の悪化防止に努めています。

栄養科職員 認定保有資格

日本病態栄養学会    病態栄養認定管理栄養士、NSTコーディネーター、腎臓病病態栄養専門管理栄養士
日本静脈経腸栄養学会  NST専門療法士
日本摂食嚥下リハ学会  認定士
日本栄養士会      TNT-D認定栄養士、臨床栄養分野認定管理栄養士

栄養指導

外来患者さんを対象に栄養指導を実施しております。
外来透析患者さんではベッドサイドに訪問しての栄養指導も可能です。
ご希望の際は、主治医にご相談下さい。

集団栄養指導

外来透析患者さんを対象に、他職種と共同で集団栄養指導を実施しております。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


給食管理

業務委託先である石本商事株式会社と共に、様々な疾患や摂食嚥下機能に対応した安全で美味しい給食の提供を心がけています。

食事形態

医師、看護師、言語聴覚士と連携し、摂食嚥下機能に合わせた食事形態で提供いたします。
また、ペーストをゼリー状に固めて提供することも可能です。

行事食

月に一度、様々な行事にちなんだ行事食を提供し、入院中であっても季節を感じていただけるよう取り組んでおります。


学術関連

年月 学会名/投稿誌 タイトル
2018年 日本病態栄養学会誌 21
229-236
血液透析患者における舌圧と栄養指標との関連
2017年 日本透析医学会誌 50
547-553
低アルブミン血症を有する血液透析患者に対する舌訓練の有効性
2016年 日本静脈経腸栄養学会誌 31
725-730
経腸栄養剤に含まれる無機リン含有量
2016年 日本栄養士会雑誌 59
29-34
血液透析患者における低栄養と嚥下障害の関連
2015年 日本栄養士会雑誌 58
585-591
風味調味料のリン含有量
2015年 日本病態栄養学会誌 18
527-533
主食加工食品のリン含有量と食品表示の問題点
2014年 新潟医療福祉学会誌 13
26-30
糖尿病を有する褥瘡患者に炭水化物量の調整とアルギニン、ビタミン、ミネラル強化を行った1症例
2014年 日本病態栄養学会誌 17
465-472
加工食品のリン添加物有無によるリン含有量の違い
2013年 日本栄養士会雑誌 56
37-44
褥瘡を有する透析患者にアルギニンを使用した1症例
2013年 日本病態栄養学会誌 16
221-228
透析患者に対しての栄養指導による血清リン低下効果の検討
2012年 日本病態栄養学会誌 15
347-353
血清アルブミンに影響を与える栄養評価項目の検討