グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 村上記念病院について > 感染防止への取り組みについて

感染防止への取り組みについて



当院では、新型コロナウイルス感染症をはじめとする感染症に対し、様々な対策を講じています。
患者さん、入所者さん、ご家族の皆さんにご安心いただけるよう努めてまいりますので、引き続き当院の感染対策にご協力を賜りますようお願い申し上げます。

AI温度検知システムの導入

検温の実施

入館される際は、正面玄関に設置している
「AI体温検知ソリューション」にて検温をお願いします。

体温が37.5℃以上を検知された場合、入館をご遠慮いただきますので、予めご承知ください。

さらに、マスク未着用もアラーム検知されます。
必ず不織布マスクを着用し、検温後、備え付けの消毒液にて手指消毒を行っていただきますようご協力をお願いします。

なお、面会制限のお知らせはこちらをご確認ください。

問診票の徹底

入館される方には「新型コロナウイルスに関する問診票」に回答していただきます。
次のチェック項目に1つでも当てはまる方は入館をご遠慮いただきますので、ご了承ください。


発熱外来の整備

発熱や感染疑いのある患者さんに対し、安全に検体採取ができるよう、発熱外来を整備いたしました。
※当院ではPCR検査等の新型コロナウイルス感染症検査はできません。
発熱外来は、検体採取室と待合室に分かれており、他の患者さんと会うことなく入室→検体採取→退室までをスムーズに実施することができます。

スタッフ側からみた検体採取室

患者さん側からみた検体採取室

検体採取室

テーブルに設置したアクリル板に空けた穴から検体採取を行います。
患者さんとスタッフのスペースをアクリル板やカーテンで分ける事により、飛沫感染のリスクを抑えています。

待合室

発熱外来入口から入ってすぐのスペースに待合室を設けました。
スタッフの指示があるまでこちらでお待ちいただきます。

コロナ対策チームの発足

「コロナ対策チーム」を発足し、新型コロナウイルス感染症の院内感染防止対策を講じております。

個人防護具(PPE)着脱訓練の様子

ZOOMを使用した感染対策の勉強会を開催