グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 村上記念病院について > 院内をバーチャル体験してみよう

院内をバーチャル体験してみよう


バーチャルリアリティとは

バーチャルリアリティー(Virtual Reality)とは、コンピューター等により仮想空間を作り上げ、
まるでその中にいるような疑似体験が出来る技術の事です。
当院のホームページには、院内をVR体験できる360°画像が多数掲載されております。どうぞご覧ください。
それぞれの写真をクリックすると、VR画像を直接開くことが出来ます。

2階病棟

医療療養型 60床の病棟で、内科入院の患者さんと透析入院の患者さんが療養されています。

→ 2階病棟のページへはこちらから

3階病棟

介護療養型 60床の病棟で、主に要介護3~5の患者さんが療養されています。

3階病棟は今後、「平成30年度 医療保険&介護保険の同時改定」による介護療養病棟の廃止を受け、改定後できるだけ早い段階で医療療養病棟(療養病棟入院基本料1)への転換を目指すべく、2階病棟と同じくより重症度の高い、医療区分Ⅱ,Ⅲの患者さんを中心に、積極的に受け入れていく方針です。

→ 3階病棟のページへはこちらから

透析センター

透析センター内のベッド数:32床
病棟内の透析対応ベッド数:2床

オンラインHDFを中心とした合併症の少ない「よりよい透析療法」の提供を目指し、努力しております。
当院は全国的にも数少ない、長期で入院透析が可能な医療機関です。通院透析が困難な、症状の重い透析患者さんへの幅広い対応が可能ですのでお気軽にご相談ください。ビジター透析(旅行者等の臨時透析)もお受けしております。
→ 透析センターのページへはこちらから

リハビリテーション科

理学療法(PT)、作業療法(OT)、言語聴覚療法(ST)体制による、充実したリハビリテーションを実施しています。
また「院内のリハビリテーション」や、「短時間通所リハビリテーション」だけでなく、通院が困難な方や、通院だけでは充分なリハビリができない方のご家庭へ、当院のリハビリスタッフが直接訪問してリハビリテーションを行う「訪問リハビリテーション」などの、在宅医療にもチカラを入れております。

→ リハビリテーション科のページへはこちらから

屋上へ行ってみませんか?

病院の屋上へは関係者以外、なかなか行けるものではございません。
屋上からの風景をちょっと覗いてみませんか?

→ 交通アクセスのページからどうぞ